About 作山窯とは

美しくつくること。

SAKUZANのうつわは、
美しくなくてはなりません。
色やかたちなど目に見える
美しさはもちろん、
毎日の暮らしになじむこと、
使いごこちのよさが実感できることも、
うつわにとって大切な美しさだと
私たちは考えます。

SAKUZANのしごとは、
美しくなくてはなりません。
土練り、成形、乾燥、素焼き、釉薬、本焼き。
その一つひとつに神経を研ぎすませ、
ていねいに向きあっていくことが
私たちのつとめです。

美しいしごとから、美しいうつわを。
美しいうつわから、美味しい笑顔を。
SAKUZANがこだわるのは、美しさです。

14種類の土。100をこえる釉薬。3通りの焼き方。そこから選び、つくりだす美しさ。

口にあたる縁の角度。手になじむ表面のくぼみ。使う人を想い、ととのえる美しさ。

ていねいに。ひたすら、ていねいに。一人ひとり、一つひとつの、しごとの美しさ。

こころ穏やかに。けれど情熱は絶やさずに。土と、水と、火と、風と。今日も向きあっていく

PROFILE会社概要

会社名
有限会社 作山窯
所在地
〒509-5401
岐阜県土岐市駄知町1369-3
連絡先
TEL. 0572-59-8053 /
FAX. 0572-59-8150
設立
1987年 4月 1日
代表
髙井 宣泰
社員数
17人
資本金
300万円
事業内容
陶磁器製造、販売 /
業務用食器 / 一般小売商品 / 寄贈品

HISTORY沿革

1944
初代・作一 山作の屋号で運送業 農業を始める
1948
兼業にて陶磁器上絵付けを始める
1952
陶磁器上絵付業、山作陶苑を創設
1973
二代・貞雄 山作陶器株式会社 設立
1987
三代・宣泰 有限会社作山窯 設立
2000
Sa シリーズ発表 / Ma シリーズ発表
2002
Lotus シリーズ発表
2003
Tanka フラットプレート シリーズ発表
2004
Border シリーズ発表
2005
Yururi シリーズ発表
2006
黄磁・青磁 シリーズ発表
2007
MONO シリーズ発表
2008
Mizuhiki シリーズ発表
2009
StandPlate シリーズ発表
2010
minamo シリーズ発表
2011
Arles シリーズを発表
2012
Youhen シリーズ発表 / minamo Blue シリーズ発表
2013
Mano シリーズ発表 / Gloss シリーズ発表
2014
Fil シリーズ発表 / Hachikaku シリーズ発表
2015
Sara シリーズ発表 / Elle シリーズ発表

ACCESSアクセス

電車でお越しの場合:

JR 中央線 土岐市駅より車で約10分
JR 中央線 瑞浪駅より車で約10分

お車でお越しの場合:

中央自動車道 瑞浪I.C より約10分
中央自動車道 土岐I.C より約10分

PARTNERS主なお取引先様

Follow us!

PAGETOP